永遠少年症候群

MENU

about

サイトは趣味の創作サイトです。著作権は特に明記のない限り放棄していません。
リンクはご自由にどうぞ。
画像リンクの際はこちらのバナー又はロゴをご利用ください。

かいてるひと

ぶくま

Search

novel

ファンタジー、恋愛要素、ハッピーエンド多め。
たまに暴力やグロテスクな表現があります。
小説一覧

Series

他の形式で読む

ブクログのパブー……電子書籍形式。詩の投稿はこちらのみ。
小説家になろう……ガラケー、スマホ対応。pdf形式の縦書き対応。

帝国歴313年10月

「……久しぶりね、アリス」
「……」
「無駄ですよ」

 看守が肩を竦めて言う。陶器人形に挨拶しても返事なんか来ないさ、と。
 溜め息を吐いたアタシには目もくれず、彼女は車椅子に座ってぼんやりとどこかを見つめている。

「アリス・ウィルソン大佐。聞こえる?」

 フルネームで呼ぶと、わずかに瞳が動いた。声は聞こえているらしい。

「だから、挨拶は時間の無駄だ。早く始めてくれ。一応心神喪失らしいが、殺しのプロだぞ。軍人さんと違って俺はただの看守なんだ、あまり長居は――」
「外で待っていていいわ。不安なら鍵もかけていい」
「……何かあったら呼んでくれ」

 看守が出ていくと、面会室は二人きりになった。ガチャリと鍵のかかる音を聞いて、思わずまた溜め息を吐いた。アリスは銃器のスペシャリストであって、殺しのプロはどっちかっていうとアタシだ。
 彼は陶器人形と形容したが、まさに陶器のような肌に映える金髪。輝くことも曇ることもない、美しく澄んだブルーの瞳。銃部隊の大佐にまでなった人とは思えない細身の女性。

「それにしても、華奢なあなたが何丁もマシンガンを持てるとは思わなかったよ」

 一瞬。とてもわずかに、瞳孔が開いた。

「グラッス、くん」
「……アリス?」
「……」

 グラッス、って。確か彼女の部下だった中佐ね。当時上級大尉で、虐殺された被害者の一人だ。だから、中佐。

「友達になろうって言ったじゃない、アリス」
「……」

 返事はない。あの時も社交辞令みたいだったものね。気にせずにレコーダーの電源を入れる。

「……これより、陸軍第四部隊特別実験プログラム、催眠療法を用いた心神喪失者への尋問を開始する」

 さぁ、語ってアリス。
 あなたは何故、帝国史に残る大虐殺を起こしたの?

「アリス・ウィルソン、あなたは私が3つ数えると深い眠りにつきます――……」