menu

永遠少年症候群

小説ページ

ファンタジー、恋愛要素、ハッピーエンド多め。たまに暴力やグロテスクな表現があります。
filterボタンで絞り込みができます。キーワードとシリーズは組み合わせることができません。

小説ページへ

お題ルール

自作発言とお題の再配布は禁止いたします。お題を使用していることを明記してくだい。
他のお題配布サイト様のお題と混ぜることはおやめください。
あいうえお作文からの抜き出しはご遠慮ください。

同意してお題ページへ

ブログ

年/カテゴリー/タグを組み合わせて絞り込みできます。

ブログ

泡沫

 知ってた。わたしが浮気相手だということは。
 乱暴なキスも、抱き締めるのも、遠いところにいて月に二度しか会えない彼女の代わりだと、知ってた。

「…いい?」

 でもわたしは知らないふりをした。そしてきっと彼も、気付かないふりをした。
 彼の瞳をよぎる彼女への罪悪感は、ゾクゾクするほど心地よくて。わたしにはその罪悪感は、快感で。
 彼にとっても、きっとそうなる。

「彼女にしてくれるの?」

 あぁ、ほら。また。罪悪感が瞳をよぎる。裏切る彼女への?騙すわたしへの?
 わたしだって罪悪感はある。裏切る人がいて、騙す人がいる。傷付ける相手もいる。彼が振り切ろうとするそれを、全て飲み込んでしまえばとても楽しい。

「…」

 頬から首筋に手を滑らせて、わたしからキスをする。すると、途端に盛るんだから笑っちゃう。
 そのまま、優しい言葉でわたしを騙そうとしてくれればいい。罪悪感に殺されながら。
 クセになる感覚。ワルくて甘い、クスリみたいな。きっと気持ちいい。きっとわかる。互いに傷をなめ合うみたいに、殺し合えばいい。
 きっともうとっくに、中毒になってしまっているのだ。

LUNKHEADの泡沫を聞きながら、そのイメージを書きました。
本当はもっと素敵な曲なのでぜひ聞いてください。
この掌編小説は、著作権を放棄します。

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!