永遠少年症候群

MENU

about

当サイトは趣味の創作サイトです。著作権は特に明記のない限り放棄していません。
リンクはご自由にどうぞ。
画像リンクの際はこちらのバナー又はロゴをご利用ください。

かいてるひと

ぶくま

Search

novel

ファンタジー、恋愛要素、ハッピーエンド多め。
たまに暴力やグロテスクな表現があります。
小説一覧

Series

  • あいうえお題
  • 血飛沫の国のアリス
  • bloody
  • 僕は勇者になりたかった
  • Celia in Realworld.
  • ココにあるもの
  • エトセトラ!
  • G@mE
  • ハッピーエンドはまだ遠い
  • LUCKY GIRL
  • ファンタジー設定で∞のお題
  • 教えられない教師の話
  • 掌編
  • イメージソング
  • 大正哀歌
  • 世界観・人物紹介
  • 他の形式で読む

    ブクログのパブー……電子書籍形式。詩の投稿はこちらのみ。
    小説家になろう……ガラケー、スマホ対応。pdf形式の縦書き対応。

    泡沫

     知ってた。わたしが浮気相手だということは。
     乱暴なキスも、抱き締めるのも、遠いところにいて月に二度しか会えない彼女の代わりだと、知ってた。

    「…いい?」

     でもわたしは知らないふりをした。そしてきっと彼も、気付かないふりをした。
     彼の瞳をよぎる彼女への罪悪感は、ゾクゾクするほど心地よくて。わたしにはその罪悪感は、快感で。
     彼にとっても、きっとそうなる。

    「彼女にしてくれるの?」

     あぁ、ほら。また。罪悪感が瞳をよぎる。裏切る彼女への?騙すわたしへの?
     わたしだって罪悪感はある。裏切る人がいて、騙す人がいる。傷付ける相手もいる。彼が振り切ろうとするそれを、全て飲み込んでしまえばとても楽しい。

    「…」

     頬から首筋に手を滑らせて、わたしからキスをする。すると、途端に盛るんだから笑っちゃう。
     そのまま、優しい言葉でわたしを騙そうとしてくれればいい。罪悪感に殺されながら。
     クセになる感覚。ワルくて甘い、クスリみたいな。きっと気持ちいい。きっとわかる。互いに傷をなめ合うみたいに、殺し合えばいい。
     きっともうとっくに、中毒になってしまっているのだ。

    LUNKHEADの泡沫を聞きながら、そのイメージを書きました。
    本当はもっと素敵な曲なのでぜひ聞いてください。
    この掌編小説は、著作権を放棄します。