永遠少年症候群

MENU

about

サイトは趣味の創作サイトです。著作権は特に明記のない限り放棄していません。
リンクはご自由にどうぞ。
画像リンクの際はこちらのバナー又はロゴをご利用ください。

かいてるひと

ぶくま

Search

novel

ファンタジー、恋愛要素、ハッピーエンド多め。
たまに暴力やグロテスクな表現があります。
小説一覧

Series

他の形式で読む

ブクログのパブー……電子書籍形式。詩の投稿はこちらのみ。
小説家になろう……ガラケー、スマホ対応。pdf形式の縦書き対応。

黄色い手鏡

『今日の12位は…残念、さそり座です!頑張っても空回りしちゃうかも…。そんなあなたの今日のラッキーアイテムは黄色の手鏡!それでは、いってらっしゃい!』
「黄色も何も手鏡なんて持ってねぇよ…」

 テレビを消して、身だしなみを整える。朝の情報番組が終わって5分ほどしてから家を出ると、ちょうどいいタイミングで彼女が通る。

「おはよう、定本!偶然だね!」
「おはよ」
「聞いて聞いて、今日ね、あたし占い1位だったんだ」
「そりゃよかったな」

 興味も何もない占いを見届けて家を出るのは、こいつが毎日結果を報告してくるからだ。見てるから知ってる。三浦は、うお座。結果を報告してくる意味はよくわからない。話したい一心で何でも相槌打ってたら何か勘違いされた節がある。

「はぁ…白馬の王子様が現れたりして!」
「ないない」

 つーか現れても会わせない。
 毎日毎日、俺が学校に行くのはこいつに会うためだというのに、鈍感な三浦にはカケラも伝わっていないように感じる。

「つーか、占い信じすぎじゃね?」
「いいとこだけ信じるの」
「あっそ」

 まだまだ、姉貴に女々しいと言われつつ占いを見る日々が続くのか。俺の意見が採用されたことなど滅多にないのだ。

「ん!?コンタクトずれた!い、痛いっ」
「………」

 コンタクトはどうしようもないので静観することにする。くるくると変わる表情は眺めていて飽きない。

「定本、痛い」
「目薬ならある」
「そういう痛さじゃない!」
「…理不尽だ…」
「鏡見たいけど学校ついてからにする。ちょっと肩貸してね」
「別にいいけど」

 ぎゅっと俺の袖を掴んで、果たしてわざとなのかそうでないのか潤んだ目が俺を見上げる。いつもきゃあきゃあ言ってる男に見られてもいいのだろうか。
 三浦の考えていることは全くわからない。そうだ、まったく。
 別にいいけど。それは別に嘘じゃない。むしろ、その好きな奴に勘違いされてしまえばいい。けど、三浦が泣くとこは見たくない。

「はぁ…」
「あ、迷惑!?」
「相当」
「えー、定本振りほどかないじゃん」

 からからと笑って、三浦が大きく瞬きをすると大粒の涙がぼとっと落ちた。こすらないつもりらしい。

「えへへ、カップルに間違われたらどうしよう」

 どうするんだ。小一時間ほど問い詰めたい。
 でも、俺からは離れろなんて言わない。ずるいと言われようが、何と言われようが。他人に勘違いされるのは自業自得だ。

「今日は1位なのに」
「俺も12位なのに」

 12位なのに、良い思いをしてる。学校に着いたら終わるけど。

「ほら、教室着くぞ」
「うん」

 席に着くと、三浦は化粧道具をドンと机に出した。鏡、鏡、と取り出したのは手鏡。黄色の。お前が持ってるのかよ。
 あぁ、そういう…。「黄色の手鏡をなかなか出さないから」、いいことが。

「あ、なんだ睫毛入ってた!」
「そうか」
「何ニヤニヤしてるの?」
「いや、別に」

+++

『今日の1位はさそり座のあなた!ラッキーアイテムは赤いマニキュアです!』
「…俺マニキュアなんて持ってねぇし」

 いつものツッコミを入れて、テレビを消す。ぐーっと伸びをして、姉貴が家を出るのを見送って俺も登校する。今日のうお座は2位。今日は、どんないいことが起こるのだろうか。