menu

永遠少年症候群

小説ページ

ファンタジー、恋愛要素、ハッピーエンド多め。たまに暴力やグロテスクな表現があります。
filterボタンで絞り込みができます。キーワードとシリーズは組み合わせることができません。

小説ページへ

お題ルール

自作発言とお題の再配布は禁止いたします。お題を使用していることを明記してくだい。
他のお題配布サイト様のお題と混ぜることはおやめください。
あいうえお作文からの抜き出しはご遠慮ください。

同意してお題ページへ

ブログ

年/カテゴリー/タグを組み合わせて絞り込みできます。

ブログ

雨の学校

 外は雨で、学校は世間から切り離されたようだった。静かな空間に私は一人取り残されたよう。
 教室を出ると、ひんやりとした空気が膝を撫でた。
 キュッとローファーが音を立てて、私は走り始めた。
 誰もいなくても、必ずいる人を、見つけに。

「生徒会長」

 ドアを開けながら言うと、部屋の奥から返事が聞こえた。

「廊下は走るな」

 なんだかとてもホッとして、私はドアに凭れかかった。それからずりずりと座り込む。

「スカートでその座り方はやめてくれ」
「うん」
「お前ほんと口だけな」
「大丈夫、下にハーパン穿いてるから」
「そうか」

 しーん、と沈黙が私達の間にはあって、息が苦しくなった。

「何してるの?」
「生徒総会の準備」

 傍に寄ると、生徒会長は私を見もせずに何か投げて寄越した。

「…飴ちゃん?」
「関西人かお前は」
「生徒会室に飴なんてあるんだ」
「内緒な」
「うん」

 飴を口に放り込みながら近くにあった椅子に座る。

「帰らないのか?」
「うん。雨降ってるし…」

 君の傍にいたいから。

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!