menu

永遠少年症候群

小説ページ

ファンタジー、恋愛要素、ハッピーエンド多め。たまに暴力やグロテスクな表現があります。
filterボタンで絞り込みができます。キーワードとシリーズは組み合わせることができません。

小説ページへ

お題ルール

自作発言とお題の再配布は禁止いたします。お題を使用していることを明記してくだい。
他のお題配布サイト様のお題と混ぜることはおやめください。
あいうえお作文からの抜き出しはご遠慮ください。

同意してお題ページへ

ブログ

年/カテゴリー/タグを組み合わせて絞り込みできます。

ブログ

 道が真っ直ぐ続いている。
 僕は歩くしかないと知っている。
 立ち止まれないと知っている。

「───…」

 口を付いて出てきたのは誰の名前だっただろうか。
 僕はその名を呼べないと知っている。
 資格がないと知っている。

「…」

 辺りが、暗い。
 足下しか見えない。

「!!」

 肩を掴まれる。
 振り返るとそこにいるのは──…。

「な、んで」
「やっと追いついた。ねぇ、一緒にいこうよ」
「でも、僕は」
「大丈夫だよ」

 にこりと笑う君に、絡んできた指に、僕の口元が緩んだ。

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!