永遠少年症候群

MENU

about

当サイトは趣味の創作サイトです。著作権は特に明記のない限り放棄していません。
リンクはご自由にどうぞ。
画像リンクの際はこちらのバナー又はロゴをご利用ください。

かいてるひと

ぶくま

Search

novel

ファンタジー、恋愛要素、ハッピーエンド多め。
たまに暴力やグロテスクな表現があります。
小説一覧

Series

  • あいうえお題
  • 血飛沫の国のアリス
  • bloody
  • 僕は勇者になりたかった
  • Celia in Realworld.
  • ココにあるもの
  • エトセトラ!
  • G@mE
  • ハッピーエンドはまだ遠い
  • LUCKY GIRL
  • ファンタジー設定で∞のお題
  • 教えられない教師の話
  • 掌編
  • イメージソング
  • 大正哀歌
  • 世界観・人物紹介
  • 他の形式で読む

    ブクログのパブー……電子書籍形式。詩の投稿はこちらのみ。
    小説家になろう……ガラケー、スマホ対応。pdf形式の縦書き対応。

    ほろ酔いパーティー

    「大木くん、大丈夫かな」

     浅田の言葉に武井は短くため息をついた。大木は人の家にきておいてすやすやと寝ている。

    「明石、起こして」
    「恵ちゃーん」

     川口の呼びかけに反応はなく、武井は仕方なく大木の肩をゆすってみた。それでも起きないので、もう少し寝かせてあげようよ、と川口が言う。
     今回の会は大木が言いだしっぺだった。旅行の土産を渡したいというので大木の家に集まる予定だったが、翌日に朝早くから予定があるという武井の家に集まったのだ。

    「明日、徳田が朝一で来るのよ」
    「そりゃあ、このまま朝まで寝かせとくわけにはいかないねぇ。下着だし」

     村上が酒を煽りながら言う。アルコールが入った村上は少し声が大きくなっていたが、それでも大木が起きる気配はなかった。

    「本人も弱いとは言ってたけど、缶チューハイ舐めただけで脱いで寝るとは」
    「うん、川口の方がまだ飲む感じかな」
    「そうだねぇ。私、よく横溝くんがバイトしてたバーに通ってたし。ちょっと強くなったかも」
    「川口、一人で飲みに行ってたんですってね。花井が時々ボヤいてたわよ」
    「えっ、一人で?」

     川口の言葉に村上が食いついた。村上は高校生の頃に横溝に恋をしていた。尋ねられても否定していたし、本人は隠しているつもりだった。すべてを理解していた当時の明石がここまでストレートに話に食いつく村上を見たら驚いたことだろう。

    「花井くんのバイト先が近かったから、横溝くんと話しながら待ってたんだ」

     そのとき、大木が突然ぱっちりと目を開いた。浅田が一瞬びくっと肩を震わせる。

    「お、起きた……?」
    「……うん。……なんで脱いでんだろ」

     寝起きの大木はテンションが低い。武井が持ってきた水が入ったグラスを受け取り、大木は一気に飲み干した。それから、自分で脱ぎ散らかした服をもぞもぞと着ていく。

    「大木、迎え来れそう?」
    「うーん。わからない。あっちも盛り上がってるっぽくて、既読ついてない」
    「そっか。あ、ねぇねぇ、明石ちゃん、さっき言ってた写真見せてよ」
    「んー」

     浅田に言われるまま、テレビにスマホを繋いで写真を表示する。すると、美しい海原の真ん中に水着ではしゃぐ大木が映し出された。

    「大木がはしゃいでる写真なんか見ても……」
    「えぇー、可愛いでしょ」
    「ハワイのどこ行ったの?」
    「この海はホノルルだね。あとはー、えっと、火山とか」
    「ダイアモンドヘッドかしら」
    「そうそう!」

     女性陣が盛り上がっているとチャイムが鳴った。武井がドアを開けると、ほろ酔いの男性陣が立っていた。大木が嬉しそうに笑いながら真面目くさって言う。

    「嫁さんを迎えにきました」
    「明石、迎えきたわよ」

     大木恵が出てくると、入れ違いで徳田と花井が入ってきた。

    「武井、泊めてー。お前らに対抗して俺達も男子会してたけど、むさくるしいわ横溝は彼女に呼ばれてすっ飛んで帰るわで」
    「穂積さん、僕たちも帰ろう」
    「うん。今ね、恵ちゃんに新婚旅行の写真見せてもらってたんだよ」
    「私たちも今後は川口みたいに恵って呼ばないとね」
    「そうだな」

     武井の言葉に同意しつつ、徳田が上がり込む。

    「女子会はお開きだねー、私も帰ろ」
    「浅田、うちら二人で次行こう」
    「村上ちゃん、私たちすっごく寂しい感じだよ!?」

     ほろ酔いの宴は夜にしみこんでいった。

     明石と大木の結婚後。
     叙述トリック目指して頑張ってみたけどこれが精いっぱいだった。