menu

永遠少年症候群

小説ページ

ファンタジー、恋愛要素、ハッピーエンド多め。たまに暴力やグロテスクな表現があります。
filterボタンで絞り込みができます。キーワードとシリーズは組み合わせることができません。

小説ページへ

お題ルール

自作発言とお題の再配布は禁止いたします。お題を使用していることを明記してくだい。
他のお題配布サイト様のお題と混ぜることはおやめください。
あいうえお作文からの抜き出しはご遠慮ください。

同意してお題ページへ

ブログ

年/カテゴリー/タグを組み合わせて絞り込みできます。

ブログ

キャロルの恋人の恋人

 体が痛みを感じなくなって、心まで鈍化したような気がしていた。けれど、そうでもなかったらしい。

「……ウルリカ」

 アタシを呼ぶ熱っぽい声に、ぽっと火が付いたようにじんわりと温かさが広がる。

「ホントに抱かれるとは思ってなかった」

 ブランケットを引っ張り上げてくすりと笑うと、彼はアタシの頬をつまんで横に引っ張った。

「演技してくれるとは思ってなかった」
「あら……」

 意外にもアタシのことをよく見ている、と思っていた。彼を過大評価していたようだ。
 散らかした服の上にのっている彼の眼鏡を拾い上げてかけてみる。と、彼はアタシを抱き寄せて首筋にキスをした。

「アタシ、あなたのことふってないわよ」
「うそつき。君の心にいるのは僕じゃない、だろう?」

 そう。そういって一方的にふられたのはアタシの方。

「心配しなくても、すごく好きよ」
「……心配なんて、してない。いたっ、噛むなよ……」

 彼の首に腕を回して、首筋に噛みつくと彼の目尻にはうっすらと涙が浮かんだ。くっきりと残った歯形が、面白い。

「その顔、すごく好き」
「仕返ししてやる」

 アタシが痛みを感じないと知ってるのに、優しい人。唇を噛まれるのも、優しくくすぐったくて気持ちいい。
 本当に大切なのだけど。何度口に出しても彼は信じてくれないのだ。

あとがき

ただのバカップルじゃねーか。

普段小説にあとがき書かないんですが、これだけは下書きの最後に書きなぐってありました。
ただのバカップルじゃねーか。

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!