永遠少年症候群

MENU

about

当サイトは趣味の創作サイトです。著作権は特に明記のない限り放棄していません。
リンクはご自由にどうぞ。
画像リンクの際はこちらのバナー又はロゴをご利用ください。

かいてるひと

ぶくま

Search

novel

ファンタジー、恋愛要素、ハッピーエンド多め。
たまに暴力やグロテスクな表現があります。
小説一覧

Series

  • あいうえお題
  • 血飛沫の国のアリス
  • bloody
  • 僕は勇者になりたかった
  • Celia in Realworld.
  • ココにあるもの
  • エトセトラ!
  • G@mE
  • ハッピーエンドはまだ遠い
  • LUCKY GIRL
  • ファンタジー設定で∞のお題
  • 教えられない教師の話
  • 掌編
  • イメージソング
  • 大正哀歌
  • 世界観・人物紹介
  • 他の形式で読む

    ブクログのパブー……電子書籍形式。詩の投稿はこちらのみ。
    小説家になろう……ガラケー、スマホ対応。pdf形式の縦書き対応。

    帝国歴312年2月上旬3

     目が覚めると洞窟の中だった。致死量の花粉は吸っていなかったということだろうか、妙に頭がすっきりしている。

    「やぁ、アリス。おはよう」
    「?」

     猫? いや、人間の体に猫の耳や尻尾がついている。

    「…………誰だ?」
    「自分はチシャ猫、アリス、大変だよ。白ウサギを探そう」
    「は?」

     なんだ、頭のおかしい奴か?

    「ここは戦場だ、危険だから他で遊びなさい」
    「ここは戦場じゃないよ。君の悪夢だ」

     ……放っておこう。
     ガスマスクを着けてライフルを背負う。マシンガンも持って行くか。

    「どこへ行くの?」
    「そのへんの見回りに……」
    「危険だよ、白ウサギにそそのかされた動物たちが君を襲うよ」
    「馬鹿な、この森に動物は……」

     目の前に猫がいるか。

    「で、なんで私が白ウサギを探すことになるんだ?」
    「復讐だよ」

     復讐。その言葉に頭の隅がチリチリと痛む。誰が言っていたんだっけ。

    「君のお姉さんが、白ウサギに殺されたんだよ」
    「は?」
    「白ウサギの荷物がね、こっちに……あっ」

     猫が何かを取り落とす。と、ごろりと何かが転がる。

    「…………え?」

     姉の、首だった。
     こみ上げる吐き気を我慢して、おそるおそる手を伸ばす。恐怖の色を浮かべた瞳、血が垂れた口。首の切り口は荒く、銃で撃ってもぎ取ったような。
     こんなこと、できるものなのか?

    「これを、白ウサギが?」
    「そう」

     白ウサギというのもこの猫のように人型なのだろうか。

    「さぁ、お行き、アリス。白ウサギは危険だよ」
    「そのようだ」

     部下はどこへ行ったのだろう。
     状況が掴めない。

    「こちらウィルソン、ベイル大佐? 今どこです?」

     ノイズはするものの、返事はない。

    「……壊れてるのかな」

     とにかく、白ウサギを探そう。
     チシャ猫はウサギに唆された動物も私を狙うって言ってたな……。
     洞窟を出て、ふと考える。ヴィンセントと喧嘩したんだっけ。なんでだっけ。
     今は姉のことだけを考えよう。

    「エヴァ……痛かっただろうな……」

     森に入ってしばらくすると、数匹の動物がやってきた。トカゲにカエル。どうしてこんなに大きいのか……。

    「アリスを探せ!」
    「アリスを殺せ!」

     ぞっとして木に隠れる。
     あまり無駄な殺しはするつもりはなかったが、そうくるなら仕方ない。木に登って、枝の上に座る。ライフルを構えて撃ち抜くと、動物達はぱたぱたと倒れていった。
     白ウサギはいない。木から下りる。と、足元に銃弾が掠った。

    「?」
    「見つけたよ、アリス」

     大きな帽子をかぶった、顔は見えない人間。帽子屋だよ、とチシャ猫がいう声が聞こえた気がした。

    「君の得物はショットガンなの? だめだなぁ、ショットガンは殺傷能力が低いよ」
    「だから、俺が止めるんだ」
    「あぁ、……利き足はちゃんと目標に向けなきゃだめだよ」

     帽子屋がショットガンを構える。散弾は避けられない。撃たれる前にケリをつけなければ。
     マシンガンを構えて真っすぐ正面から撃つ。

    「あっ」

     ショットガンが弾かれ、重い音を立てて地面に落ちる。
     もう一発撃ちこむ。帽子屋はさっとしゃがんで避けた。そのまま拳銃を構えてこちらに撃ってくる。

    「いい反応」

     知らず笑顔を作ってしまう。
     今度は両手のマシンガンをそれぞれ当てる気で撃つと、帽子屋はギリギリまで拳銃で応戦した後、絶命した。
     拳銃で応戦なんてものに無理があったけれど、随分と反撃されてしまった。マシンガンの残弾数はそれほどない。
     さて、どうしたものか。一度洞窟に戻って装弾し直した方がいいだろう。

    「アリス、順調かい?」
    「ううん、白ウサギって、私を狙ってるんだよね?」
    「うん、近くにいるよ」
    「そうか」

     部下たちは無事だろうか。
     私が毒を吸ったから置いて行ったのかもしれない。結局倒れたのだから、それは正しい判断だ。ただ、依然無線機からは何も聞こえず嫌な不安を掻き立てる。

    「アリスはその華奢な腕で大きな銃を持てるのかい?」
    「持てるよ」

     ズキズキ、こめかみの辺りがうずく。同じようなことを言われたのは、きっと遠い昔。誰が言ったんだっけ。
     ベイル大佐はもちろん、ヴィンセントやドーソンくんは大丈夫だろう。ワーゲルンくんはショットガンだし、ちょっと心配だな。マクレガーくんも、あの子みたいにテンポが遅いから……。あの子って、誰だっけ。
     カサリ。不意に足音がして、身を隠す。
     銃を持ったトランプ兵が洞窟に入ろうとしている。銃……サブマシンガンか。厄介なものを。

    「こっちだよ」

     トランプ兵は一斉にこちらに向かってマシンガンを撃ってくる。伏せて小さな岩に隠れたまま、サブマシンガンを両手に構える。
     耳を澄ますと、彼らがどこにいるのか面白いほどわかった。
     岩の上に腕を伸ばして撃っていく。ドサドサと倒れて行く音がするも、まだ何人か生きている。

    「全部は無理か……」

     ふと、上の方にぽっかり空いた空洞を見つけ、岩からジャンプして転がりこむ。トランプ兵達は真っすぐ下を探している。
     ここまで近いとスナイパーライフルにサイレンサーをつけて一気に叩くしかない。サイレンサーは嫌いだ。綺麗な音が聞けないから。
     警戒しながらも、トランプ兵は私がいた方へ歩いてくる。パシュ、パシュ、と間の抜けた音でトランプ兵が倒れて行く。全員倒して空洞からおりて、肩を鳴らす。ふと見ると隣でチシャ猫が笑っている。

    「順調そうだね、アリス」
    「そうでもない」

     チシャ猫はニヤニヤと笑い、それに合わせて指揮棒を振るように尻尾が揺れる。ゴロゴロ喉を鳴らして、私の膝に頭を載せる。

    「お前が私の味方なのは何故だ?」
    「自分はアリスを導いたから。他は違う、アリスを誤解してるよ」
    「それで私を殺しにくるのか」
    「そう。白ウサギは別だけどね。彼はエヴァ殺しの犯人であることがバレたと気付いてる。それで他の動物を唆しているのさ」

     白ウサギ。どんな奴なのだろうか。狡猾で残忍。聞く限りそうだ。けれど、姉に近付けると言うのはどういうことだ?
     わからない。けれど、姉を殺したことには変わりないのだろう。

    「……お前は本当に私の味方か?」
    「間違いないよ」
    「本当に?」
    「だって、自分はアリスが好きだから」
    「そうか」

     猫は照れながらゴロゴロと喉を鳴らす。その頭を撫でて、立ち上がる。白ウサギを倒さねば。

    「そろそろ行くか」
    「行ってらっしゃい」

     どこへ行こうか。
     私だったら、狙い撃ちをする。それを白ウサギが知っているとしたら?
     ならば白ウサギが森の外に出ることはないだろう。それに、隠れるところがないこの洞窟にも近付かない。北か、南か。……北、だな。

    「白ウサギ、私はここだよ」

     囁いてみても、白ウサギが来るはずもない。当てもなく歩くのは嫌いだ。あの子のように、迷子になってしまうかもしれない。だから、あの子って誰だ。
     誰だろう。誰がこんなに心の奥深くで引っかかっているのだろう。
     ドーソンくんがいたら、いいのに。そんなこともわかんないんすか、大佐。って。

    「ドーソンくん……。はぁ、何で誰も応答しないんだよ。…………来る」

     かすかな足音に振り返る。足元を撃つ威嚇射撃で手足の短い動物はすぐに絶命した。これは悪いことをした。

    「……アリス」

     それは、アサルトライフルを持った奇妙なたくさんの、鳥。一番大きなアヒルが、合図をして一斉に発砲する。
     咄嗟に木の陰に隠れる。背負ったスナイパーライフルを構える。何羽くらい倒しただろうか、少しずつ確実に仕留めて行くと、最後にはアヒルが残った。
     少しだけ、マクレガーくんの構え方に似てるなぁ。一度構えて、一瞬下ろす。

    「?」

     何だろう、不意にアヒルがよそ見をした。このタイミングを逃す手はない。
     1、2、3。アヒルがあっけなく倒れる。アヒルが持っていたライフルを拾い上げると、またカサリと音がした。
     足元にサブマシンガンを撃ちこむ。鳥……さっきのアヒルより大きなドードー鳥だ。敵か。

    「これはお前がやったのか、アリス」
    「…………」

     片手剣。近距離戦に持ち込まれたらおしまいだ。
     木が邪魔で走れそうにない。逃げても距離は取れないだろう。

    「……アリス」
    「私の姉を殺した犯人を殺す。邪魔するならあなたも殺す。これらは邪魔した、それだけのこと」
    「殺したのか」

     ドードー鳥が一気に距離を詰めてくる。後ろに下がるけれど、異常なほどの速さで木に叩きつけられる。
     木に押し付けられるなんて、随分ロマンチックだ。メロドラマなんかだと、たぶんこの後はキスするのだ。
     ドードー鳥の腰に腕を回す。その腰を引き寄せる。

    「いい加減目ぇ覚ませ、アリス」
    「これ以上ないほど、冷静だよ」

     見上げる顔は、どこかで見たことがあるような。私の顎に手を添えるドードー鳥の腰に伸ばした手が、目当てのものを――……。

    「おっと、そうはいかねぇぞ」

     せっかく拳銃と短剣を掴んだ手を止められ、左手で自分の拳銃を抜きゼロ距離射撃をする。……が、首を倒して避けている。

    「やるじゃん」

     けれどそう、こいつにキスするのは残酷な死神だ。
     掴まれた右手を捻ると、短剣がドードー鳥の腕の皮を傷付ける。一瞬緩んだ手首を引き抜き、回し蹴りをするとさっと避けられる。
     彼は戦闘慣れしすぎてる。どうしたものか。
     彼が速いならそれを上回る速さで撃てばいい。手持ちで速いのはスナイパーか。ゆっくり撃てるとしたらやはり木の上だろう。木登りばかりしている気がする。
     手頃な木の枝に足をかけぶら下がっている状態で、拳銃で牽制する。腹筋を使って上の方に登り、上からガラ空きの背中を狙う。サイレンサーも功を奏してドードー鳥の肩を掠った。心臓を狙ったのに。

    「アリス、もうやめろ」

     そっと木の上を移動して、また後ろから心臓を狙う。

    「そこか」

     突然びゅっと空を切る音がして、短剣が飛んでくる。迷彩服の袖を軽く裂き、短剣は後ろの木に刺さった。
     面倒になって両手に構えたサブマシンガンを乱射する。避けるなんて。何て奴。
     イチかバチか、マシンガンを撃ちながら飛び降りる。上からの銃弾を捌いているすきに、下から撃つ。
     首を撃ち抜かれたドードー鳥はゆっくりと倒れていった。飛び降りた時に足が痺れてたら危なかったかも。
     しばらく息があがっていたけれど、息を整えてから、また白ウサギを探して歩き出す。