永遠少年症候群

MENU

about

サイトは趣味の創作サイトです。著作権は特に明記のない限り放棄していません。
リンクはご自由にどうぞ。
画像リンクの際はこちらのバナー又はロゴをご利用ください。

かいてるひと

ぶくま

Search

novel

ファンタジー、恋愛要素、ハッピーエンド多め。
たまに暴力やグロテスクな表現があります。
小説一覧

Series

他の形式で読む

ブクログのパブー……電子書籍形式。詩の投稿はこちらのみ。
小説家になろう……ガラケー、スマホ対応。pdf形式の縦書き対応。

帝国歴311年12月上旬

 吐く息は白く、ペンを持つ手もかじかむ。大佐席の横にもストーブを置こうかな。

「12月になっちまったなー。寒くて嫌になる」

 ヴィンセントが伸びをしながら言う。ストーブの火を弱めにしているからか、みんな厚着している。

「ヴィンセントは寒いの苦手なんだっけ。自腹切って灯油買ってきたら?」
「お前、中佐の給料なめんな。そんな余裕ねぇよ」
「残念ながら大佐もない」
「寒いのが苦手なんですか?」

 マクレガーくんが仕事の手を止めずにヴィンセントに話しかけている。そうか、ヴィンセントとマクレガーくんは私とシモンみたいなものか。

「俺は南の方の出身だからなー」
「中佐、また飲みに行きましょうね。温まりますよ」
「お、いいな」

 いいなぁ。シモンとそんな会話したことあったかなぁ。

「大佐、報告書です」

 シモンから報告書を手渡される。グラッスくんは調子がいいようだ。

「少佐への昇級試験、受けさせてみる?」
「……いえ……、人に指導できるレベルでは」
「そっか。奥さんはどう?」
「以前よりは随分顔色がいいです」
「よかったね。この調子で支えてあげてね」
「はい」

 シモンはキビキビした動きで自分の席に戻っていく。

「アリス!」

 ……さて、私も仕事に戻るか。

「アリス!! 聞いているのか?」
「…………なんですか、ベイル大佐」
「訓練しよう。お前はたぶん力が足りない。接近戦に持ち込まれたら終わりだぞ」
「私はスナイパーなので心配ご無用です」

 ベイル大佐は最近ようやく長袖を着るようになった。私が11月の中旬にしていた格好だ。
 そうか、そういえば第一の少佐、中佐はほぼ風邪で全滅しているんだったか。

「そこの男連中から好きなの持って行って訓練してください」
「いいのか? お、この前の……」

 ドーソンくんにこの前、といえば……。
 私とドーソンくんに食堂で会った時か?
 あの時確か……。私達を見て……。いや、でも否定したし。

「確か、アリスのこいび「ベイル大佐、私がお相手しますよ」

 一発殴りたい。

「やる気になってくれたか!」
「えぇ。大佐を殴れると思ったら俄然やる気が出てきましたよ。私の体術訓練のサンドバッグになってくださるんでしたよね」
「そうだったか」
「そうですよ。さぁ、行きましょうか」

 第一の射撃場に入ったところでベイル大佐に殴りかかる。易々と止められて、予想していたこととはいえなんだか悔しい。
 ベイル大佐は私の両手を引っ張ってその場に座らせた。大佐も目の前にあぐらをかく。

「動揺してるぞ、どうしたんだ」
「あのねぇ、ドーソンくんは恋人じゃないって言ってるじゃないですか。迷惑かけないでくださいよ!」
「そうなのか? バトラーが彼は彼女が好きみたいって言ってたから」
「そ、それは恋人じゃないし、ドーソンくんが好きなのは……私じゃないです」
「なんだ、アリスの片思いなのか?」
「どこまで馬鹿なんですか! 片思いしてる人はどこにもいないんですよ!!」
「どこにも?」

 ベイル大佐が私の両手をぎゅっと握る。そして真剣な視線が私を射抜く。

「ここに一人、お前に片思いをしている奴がいるんだ」
「…………ぁ……」

 ぞわわっと鳥肌が立った。

「な、何を言うんですか……心理戦ですか? 冗談は、やめてくださ……」
「冗談じゃない。いつもそうやって逃げてるのか?」

 頭の中がぐるぐると回る。熱が。ねぇ、ロゼッタ。どうしたらいいの?

「わ、私、恋人とか、作る気ないので……」

 声が震える。手が熱い。だめだ。誰か。助けて。なんでこの人はいつも本気で来るんだろう。
 カタン、と入り口の方で音がしてほっとしてそちらを見る。

「……あ、大佐……、俺も訓練……」
「ドーソンくん……」

 ふらふらと立ち上がると、ぐっと腕を引かれた。ベイル大佐の膝の上に倒れ込む。痛くはないけど、これは……。
 だめだ。もう何が起こっているのかわかんない。

「取り込み中なんだ」
「あ、そっすか。すんません」
「そうっすかじゃない! 君は私を護衛するんだろ! 助けてよ!!」
「だそうっすよ、ベイル大佐。すんません」

 ドーソンくんがつかつか歩み寄ってきて、私を引っ張り起こす。ベイル大佐は簡単に腕を放してくれた。そんなに簡単に放してくれると思わなかったのか、ドーソンくんに抱きつく恰好になってしまった。そして情けないことに腰が抜けていて、ずるずるとその場に座りこむ。
 ベイル大佐が目の前にしゃがみ込んで指の背で私の頬を撫でた。

「なんだ、やっぱ両想いじゃねぇか」
「?」
「うまくいかねぇよな。ダグラスは死んじまうし、ダグラスに似てると思って好きになったら全然似てねぇし。困らせて悪い」

 ダグラス中佐?
 あぁ、この人もよりどころを探してただけなのか。アルダナの大戦で失ったものは、とても大きい。
 ベイル大佐が手を振って帰っていく。

「ごめんなさい! ま、また訓練しましょうね!」
「おう、よろしくな」

 落ち着こうと長く息を吐くと、ドーソンくんがしゃがみ込んで私の手を取る。

「大佐……大丈夫っすか?」
「だめ。私、免疫ないから、だめだ……」
「知ってるっす」
「ドーソンくんが来て、ほっとした。ありがとう。私……あとちょっとで拳銃抜くとこだった」
「なんすかそれ。怖いなぁ」

 ドーソンくんが立てますか? と小さく言う。
 立てなかったら、このままお話できるのかな。

「ドーソンくん、……怖かった……」

 私は女で、力も弱くて。
 ぎゅっとドーソンくんの首根っこにしがみつく。ドーソンくんは笑いながら背中を軽く叩いてくれた。そうして、ゆっくりとしがみついた腕をほどかれる。

「大佐、帰りましょ」
「……うん」

 ねぇ、どうしてドーソンくんといたらドキドキするのに、安心するの?