永遠少年症候群

MENU

about

サイトは趣味の創作サイトです。著作権は特に明記のない限り放棄していません。
リンクはご自由にどうぞ。
画像リンクの際はこちらのバナー又はロゴをご利用ください。

かいてるひと

ぶくま

Search

novel

ファンタジー、恋愛要素、ハッピーエンド多め。
たまに暴力やグロテスクな表現があります。
小説一覧

Series

他の形式で読む

ブクログのパブー……電子書籍形式。詩の投稿はこちらのみ。
小説家になろう……ガラケー、スマホ対応。pdf形式の縦書き対応。

Summertime Sadness

「、ひこうき」

 滅多に見ない飛行機。数日前からハンガーにかけていた白いワンピースをおろして、着替えた。
 網の張った飛行場へと向かうと、既に飛行機は着陸したようだった。
 ワン、ツー、スリー、フォー。
 心の中で数えたら、夏の太陽を背負ったあなたが向こうからきた。
 私は何食わぬ顔でソフトクリームを舐める。
 じりじりと焼けつく太陽の光で、小さな島の滑走路は陽炎で揺らめく。古ぼけたテレビで眺める映画のように、ひりひりと胸を刺す。
 あぁ、夏だなって思うわ。
 夏の間だけ――この季節だけ、やってくる人。
 この島には、何やら軍の施設があって、夏は暑すぎるから、メカニックの軍人さんが助っ人にやってくる。毎年、毎年、彼が来る。

「やぁ、大きくなったな」
「綺麗になったって言って」
「そうだな、綺麗になった」

 彼はがしがしと私の頭を撫でた。レディに対する態度じゃないわ。少しムッとすると、彼は私の髪に手櫛を通した。

「髪も、背も伸びたね」

 胸も大きくなったんだけど、と言いかけてやめた。虚しすぎるもの。
 太陽光がじりじりと胸を焦がしていく。
 メカニックなのに引き締まった腕で、荷物を抱え直した彼は私に向き直った。

「今年もよろしくな」
「……うん」

 ソフトクリーム、食べるんじゃなかったわ。ベトベトしてきて、服に垂れそう。
 めいっぱいおしゃれした、真っ白なワンピース。映画の女優さんのようにゆったり歩けば、私もグラマラスな女になった気分。

「高校生になったんだろ?」
「そう。本土まで通ってる。今は夏休みなの」
「若いなぁ」

 たった、15歳しか違わないわ。
 もう、何年になるのかしら。
 毎年毎年、夏は嬉しくて、悲しくなる。

 だって毎年夢見るの。
 夏が終わる頃にドラマのようなキスをして、この狭い島から連れ出してくれること。

 たった、15歳しか違わないんだもの。

Lana Del ReyのSummertime Sadnessです。
歌詞はこちら
ラナはアンジー主演の「マレフィセント」で怨念こもった「Once Upon a Dream(いつか夢で)」とか歌ってるから是非聞いてみてください。
ラナ可愛いよラナ。
しかし洋楽はバンバンYouTubeに上がってるからいいなー。
これ、続編も決めてます。
この掌編小説は著作権を放棄します。