永遠少年症候群

MENU

about

当サイトは趣味の創作サイトです。著作権は特に明記のない限り放棄していません。
リンクはご自由にどうぞ。
画像リンクの際は下記のバナーをご利用ください。

かいてるひと

ぶくま

Search

title

いつもご利用ありがとうございます。
お題一覧

rule

お題使用の際のリンク・報告は任意です。あったら嬉しいです。もしも報告くださる場合は メール Twitterから。
語尾・一人称等、趣旨が変わらない程度の改変はOKです。
セットお題は1題から抜き出して構いません。あいうえお作文からの抜き出しはご遠慮ください。
自作発言とお題の再配布は禁止いたします。
他のお題配布サイト様のお題と混ぜることはおやめください。

FAQ

最近よくある質問です。基本的に自作発言とお題としての再配布をしないでいただけたら大体の場合は大丈夫です。

二次創作や年齢制限ありのものに使用OKですか?
どうぞ。
同人誌/コピー本での使用OKですか?
どうぞ。奥付などにお題使用の旨は明記してください。
その他の媒体での使用OKですか?
お題使用の明記ができるかどうか、を判断基準にしてください。

novel

ファンタジー、恋愛要素、ハッピーエンド多め。
たまに暴力やグロテスクな表現があります。
小説一覧

Series

  • あいうえお題
  • 血飛沫の国のアリス
  • bloody
  • 僕は勇者になりたかった
  • Celia in Realworld.
  • ココにあるもの
  • エトセトラ!
  • G@mE
  • ハッピーエンドはまだ遠い
  • LUCKY GIRL
  • ファンタジー設定で∞のお題
  • 教えられない教師の話
  • Secondary creation
  • 掌編
  • イメージソング
  • 大正哀歌
  • 世界観・人物紹介
  • 他の形式で読む

    ブクログのパブー……電子書籍形式。詩の投稿はこちらのみ。
    小説家になろう……ガラケー、スマホ対応。pdf形式の縦書き対応。

    罪を売る嘘つきな双子

    「ってわけで、私達は、悪くないと思うの」
    「そうだね、悪くない」
    「お前らなぁ!」

     靴箱付近で、何やら人だかりができていた。
     無視して通り過ぎようとする俺の腕を捕まえ、笑美も人だかりの中心をのぞき込んだ。野次馬根性丸出しだな、こいつ。

    「あれは……」
    「うちの学年の双子だね」
    「……篠崎」

     笑美の肩をぽんっと叩く、金髪の男。笑美には嘘を消すロボットだとか嘘を吐いている隣のクラスの篠崎だ。

    「うん、香月ちゃんと、星哉くんだよね」
    「あー、あいつらか」

     去年姉の方と同じクラスだった。休み時間ごとに弟が教室を訪問してくるので、女子がきゃあきゃあ騒いでいた。

    「去年同じクラスだったけどな、たぶんあいつらが悪いんじゃねぇの。嘘吐きなんだよな」
    「一方的に悪く言うなんて、だめだよ。何か理由があるのかも!」
    「そうだ、鴨川さん」

     篠崎が、笑美にひそひそと何か話している。

    「……よし、行こう渉汰!」
    「出た、このパターン」

     俺が首を振ると、笑美は俺のかばんを掴んだ。

    「もう、行きたくないの?」
    「……いや、別に」
    「じゃあ、オレが一緒に行こうか?」

     篠崎がにこにこと進言する。
     こいつマジで笑美に惚れてるのだろうか。

    「え、いいの?」
    「あーもう、俺が行くから! 篠崎お前帰れ!」
    「ひどいなぁ、別にいいじゃないか」
    「そうだよ、仲間はずれはよくない!」
    「……笑美、こいつは……」
    「考えてみてよ! 嘘を消すロボットvs嘘吐きな双子だよ!?」

     笑美の肩越しに、篠崎の笑顔が固まったのが見えた。
     だよな、あれ嘘だし。

    「……あ。オレ、ちょっと用事思い出したかも……じゃあね、鴨川さん」

     篠崎はそそくさと帰っていった。
     笑美はがっくりと肩を落としていたが、俺はもう笑いを隠しきれなかった。

    「夢の対決が……」
    「で? あいつらは何なわけ?」

     話を変えようと、俺はまた泥沼にはまっていく。

    「んーと、超能力といえば超能力なんだけど、気付かないうちに能力を使ってる感じなんだって」
    「うん?」

     超能力とどう違うんだ。
     制御出来てないと超能力じゃないのか?

    「罪を売るんだって」
    「……罪をなすりつけるんじゃなくてか?」

     それは絶対になすりつけるだと思う。

    「ううん、罪を与える能力なの! 言いかえれば、試練を与える天使か神様、仏様!」
    「話がでかいな」

     神様仏様はないだろう。

    「うん、まぁね。今回は直接インタビューとかできないから……どうしようかなぁ」
    「別にいいだろ、写真撮るくらい」
    「そうだね、香月ちゃんと星哉くん!」
    「何?」
    「誰?」
    「私ね、2組の鴨川笑美って言うんだけど」
    「……あぁ、知ってる」
    「あのね、私、卒業までにいろんな人と写真撮っておきたくて、でね、一緒に撮ってもらっていいかな?」

     双子は無言で顔を見合わせた。

    「「嫌だ」」

     アルトとテノールがきれいにハモる。
     しかし、笑美を挟んでピースして立った。
     撮れってことか……。

    「はい、チーズ」
    「……ありがとうっ」

     笑美がにこにこと笑う。
     双子はふっと鼻で笑った。

    「私達」
    「別に」
    「「突然じゃんけんしたくなっただけだから」」

     ……嘘吐きめ。

    Twin in their house――双子、家にて――

    「鴨川さんって、彼氏いたのね」
    「電波系って聞いてたけど」
    「私達にも、何か電波を受信して話しかけてきたのかしら」
    「そうかもしれないね」
    「だとしたら、何かな」
    「さぁ? 嘘吐きだからじゃない? それか、それで浮いてるから」
    「そうだったところで関係ないわね」
    「そうだね」

     とんとん、ノックの音がする。

    「……香月ちゃん、星哉くん、ご飯できましたよ」

     一度お腹が鳴った。

    「……いらないわ」
    「……いらない……」

     継母はにっこり笑う。

    「そう、残念だわ」

     一度、私達のご飯をつまみ食いした猫が死んだ。
     継母の行動はすべて、私達を死に追いやろうとする。

    「……嘘を吐き続けたら……」
    「……反抗し続けたら……」
    「生き延びれる、よね?」
    「……生き延びれるんだ」

     私達は生にすがるあまり、人間にすがれなくなった。

    罪を売る嘘つきな双子――了
    お題元:水性アポロ

    2015/05/10公開