永遠少年症候群

MENU

about

当サイトは趣味の創作サイトです。著作権は特に明記のない限り放棄していません。
リンクはご自由にどうぞ。
画像リンクの際は下記のバナーをご利用ください。

かいてるひと

ぶくま

Search

title

いつもご利用ありがとうございます。
お題一覧

rule

お題使用の際のリンク・報告は任意です。あったら嬉しいです。もしも報告くださる場合は メール Twitterから。
語尾・一人称等、趣旨が変わらない程度の改変はOKです。
セットお題は1題から抜き出して構いません。あいうえお作文からの抜き出しはご遠慮ください。
自作発言とお題の再配布は禁止いたします。
他のお題配布サイト様のお題と混ぜることはおやめください。

FAQ

最近よくある質問です。基本的に自作発言とお題としての再配布をしないでいただけたら大体の場合は大丈夫です。

二次創作や年齢制限ありのものに使用OKですか?
どうぞ。
同人誌/コピー本での使用OKですか?
どうぞ。奥付などにお題使用の旨は明記してください。
その他の媒体での使用OKですか?
お題使用の明記ができるかどうか、を判断基準にしてください。

novel

ファンタジー、恋愛要素、ハッピーエンド多め。
たまに暴力やグロテスクな表現があります。
小説一覧

Series

  • あいうえお題
  • 血飛沫の国のアリス
  • bloody
  • 僕は勇者になりたかった
  • Celia in Realworld.
  • ココにあるもの
  • エトセトラ!
  • G@mE
  • ハッピーエンドはまだ遠い
  • LUCKY GIRL
  • ファンタジー設定で∞のお題
  • 教えられない教師の話
  • Secondary creation
  • 掌編
  • イメージソング
  • 大正哀歌
  • 世界観・人物紹介
  • 他の形式で読む

    ブクログのパブー……電子書籍形式。詩の投稿はこちらのみ。
    小説家になろう……ガラケー、スマホ対応。pdf形式の縦書き対応。

    音楽を食べる有名なクラスメイト

     見ちゃったんだ。
     あの子が、放課後に、音楽室でね、楽譜を――……。

    「……食べちゃったんだって、みーちゃんの友達が言うには」
    「……馬鹿馬鹿しい」
    「何でよ、渉汰みたいに超能力とかあるのかもよ。だって、足立さんって、オペラ歌手だもん。楽譜食べるから、上手いのかも!」

     笑美――鴨川笑美――は、きらきらと顔を輝かせながら言った。
     こいつまだ俺が写真に人を閉じ込められるとか信じてるのか、とか、みーちゃんって誰だ、とか……いろいろ言葉は浮かんだが、可愛らしいと思うことにした。
     こいつの頭だったらクラスメイトの半数が魔法使いやスーパーマンやっててもすんなり順応するだろう。

    「……足立さんって、誰だっけ」
    「え、信じられない! 今年から仕事があって学校に来る日は減ったけど、クラスメイトじゃない!! しかも中学校も一緒のはずだよ、渉汰は」

     お前も俺の名前覚えてなかっただろ。
     そう言いたいのを抑えて、とりあえず記憶を辿って足立の顔を思い出してみる。

    「……音楽室、行ってみる?」
    「は?」
    「だって、気になるじゃない。みーちゃんが言ってたことが本当なら、今日も楽譜を食べてるはず!」
    「『みーちゃんの友達』だろ。それって誰だよ。典型的な噂だな」

     笑美はぷうっと頬を膨らませた。

    「だから確かめるんじゃないっ!」
    「はいはい」
    「はいはいって何!」

     笑美に引っ張られて音楽室へ向かう。
     防音が施された壁でもなお、扉から響いてくる声。
     オペラ歌手、だっけ。

    「失礼しまーす!」

     笑美がばーん! と扉を開ける。

    「な、おい、やめろ!」
    「……えっと……鴨川さん、だよね。何か用?」
    「あ、えっと……あのね、学校の七不思議を見に来たんだ! ほら、夜にベートーベンの目が動くとか言うじゃない?」
    「……それって……夜に来なきゃ意味ないと思うんだけど……」
    「う、うん、そうだよね! 渉汰が急かすからー、もう……じゃ、じゃあね、足立さん、また明日!」
    「うん、また……」

     誰がいつ急かしたんだ。
     笑美は俺を引っ張りながら、何やらブツブツ呟いている。

    「食ってたな、楽譜」

     そう言って初めて、笑美は歩くのをやめた。

    「だよね……見間違いじゃないよね……」

     驚いているのかと思ったが、きらきらした笑顔で俺を見た。

    「やったね、渉汰、超能力仲間だよ!」
    「…………」

     頭いいのか悪いのか、はっきりしてほしい。

    「……あーあ、私にもないかなぁ、超能力」
    「…………」

     こういうとき、何て言えばいいんだろうか。

    「……あ!」
    「どうかしたか?」
    「そういえば、超能力じゃないんだけどね、今はもう引っ越した先輩が、この学校にはナルシストな幽霊がいるって言ってたの! 先輩も霊感あるんだよ!」
    「へー」
    「なのに! なんで私にはないの!?」
    「霊感とか、あっても嬉しくないけどな……」
    「う……確かに……でも、でもね、渉汰……。ちょっと、羨ましいんだよ。塾行って、勉強ばっかりしてると、たまにね、たまに……空を飛んでみたいとか……思うんだ」
    「そうか。痩せたら『お姫様だっこ』とかしてやるよ。浮いてる気分になれるだろ」
    「……ひどいっ!」

     食べてたな、楽譜。

    After school in Music room ――放課後、音楽室にて――

     今日も歌声が聞こえる。
     カラリとドアを開けると、やはり足立がいた。

    「何か用なの? 昨日も来たよね……鴨川さんと。付き合ってるの?」
    「まぁな。……あぁ、やっぱりな」
    「何言ってるの?」
    「噂があるんだ。『足立が楽譜食べてる。だから歌が上手いんだ』って」
    「へー、初耳」

     足立はまた一口、楽譜が描かれたホワイトチョコレートをかじった。

    「見に来てもすぐに逃げるから、香りまでは気付かないんだろうな」
    「……あぁ、そういうこと……」
    「でも、気にしなさそうだし……誤解解くつもりないだろ?」
    「うん……、わざわざ言うのもおかしいし」
    「じゃあな、笑美は信じたいみたいだし、超能力者」
    「ふふふ、鴨川さんの為なのね。中学時代からは想像もつかない」
    「……じゃあな、足立」
    「さようなら……堀田くん」

     愁いを帯びた表情が物語るものを、俺は知らない。

    音楽を食べる有名なクラスメイト――了
    お題元:水性アポロ

    2015/05/10公開