menu

永遠少年症候群

小説ページ

ファンタジー、恋愛要素、ハッピーエンド多め。たまに暴力やグロテスクな表現があります。
filterボタンで絞り込みができます。キーワードとシリーズは組み合わせることができません。

小説ページへ

お題ルール

自作発言とお題の再配布は禁止いたします。お題を使用していることを明記してくだい。
他のお題配布サイト様のお題と混ぜることはおやめください。
あいうえお作文からの抜き出しはご遠慮ください。

同意してお題ページへ

ブログ

年/カテゴリー/タグを組み合わせて絞り込みできます。

ブログ

恋愛感情を届けるナルシストな幽霊

「何やってんの?」

 ここは屋上。
 屋上は出入りが自由だけど、鍵を閉めてしまったので、俺以外にはいないはずだった。
 振り向いてみれば、さわやかな顔の優男。

「……お前、どうやってここに入ったんだ?」
「あぁ、驚いてるね。まぁ、仕方ない……僕は美しいからね」
「は?」
「あぁ、それとも血を流してなお美しいから、驚いてるのかな?」

 そう言いながらそいつが髪をかき上げると、確かに頭から出血していた。

「お、おい、こんなとこでのんきに喋ってる場合じゃねぇだろ! 救急車呼ばねぇと!!」
「あ、待って。大丈夫だから……あー……ほんとは大丈夫じゃないんだけどね」

 俺が携帯を取り出すのを制しながら、男は笑う。

「何言ってんだよ」
「もう手遅れだから」
「諦めるなよ!!」
「いやいや、僕、幽霊だから」
「!!!!!」

 幽霊はさわやかに笑った。

「あ、驚いてるね。こんなに美しい幽霊、見たことなかったんだろ?」
「美しい美しいって……お前ナルシストだな」
「何言ってるんだい。美しいものを美しいと言って何が悪いんだ?」

 ついでにその気取った喋り方も癇に障るが、言ったらまた何を言ってるんだい、と返されるのが関の山だろうから、黙っておく。

「お前、何でこんなところにいるんだよ。まだ日中だぞ」
「どういう基準か知らないけど、君には関係ないね。君に関係あるのはあの女の子じゃないのかい? あぁ、まだ泣いてる」

 幽霊がチラリと見遣った教室では、確かに栗色の長い髪の奴が泣いているのを見て取れた。

「お前には関係ないだろ」
「ないことはないさ。でも、美しいものはいつだって何かしら差別化されるものだね。可哀想に、あの子も」

 こいつ、絶対この性格のせいで殺されたんだな。

「あの子は何で泣いてるの?」
「さぁな。俺がムカつくとか嫌いとか言ったからじゃねぇの」
「じゃあ、何でそんなこと言われて泣くと思う?」
「……知るかよ」
「質問を変えよう。君は、あの子が泣いていて心が痛んでいるだろう?」
「……全然」
「じゃあ、何であの教室が見えるところにこうして座っているんだい?」
「偶然だろ」

 癪なので移動することにした。

「おや、図星かい?」
「…………」

 やっぱりムカつくのでその場にとどまることにした。

「君は、何で心が痛むんだと思う?」
「だから痛んでねぇって」
「何であの子が気になるんだと思う?」
「気にならねぇ」
「じゃあ、何であの子を傷付けるようなこと言ったの?」
「……それは、」
「気に入らないね。意味もなく傷付けたのかい?」
「違、」
「君は彼女が好意を寄せてるのを知っていて傷付けたんだろう? これ以上好かれないために。嫌われて自分が傷付くのが嫌だから」
「違う! 俺は! あいつが傷付くのが嫌だった!! 俺は……もうすぐここからいなくなるから……」
「それを愛って言うんだよ」
「……………………は?」

 呆気にとられて見ている俺を尻目に、幽霊はバサッと手を広げた。

「さぁ、伝えておいで、今の言葉を! あぁ、世界はなんて愛に満ち溢れてて美しいんだろうね!!」

 うぜー。
 ……けど……。

「……わかったよ。じゃあな、幽霊」
「あぁ、恋の相談は僕にお任せ!」

 俺が歩き出すのを、幽霊は見送ったようだった。

Soliloquy――独り言――

「ふぅ……」

 彼が去った後、僕は額の血糊を拭った。

「馬鹿だなぁ……幽霊なんているわけないじゃないか」

 ついでに、カラーコンタクトレンズを外すと、彼の教室を見た。
 彼と、泣いている人が何か話している。

「貸し一つだからね、姉さん」

 彼もあんな悪女に捕まって可哀想に。引っ越すのは正解だ。
 まぁ、弟である僕は一生彼女のパシリなんだけど……。

「しかし、単純と言うかなんというか……」

 彼の言葉は、ほぼ姉のシナリオ通りだった。
 あの女、蜘蛛みてぇ……。
 僕は、そんなことを思ってくすくすと笑った。
 ちょうど、その時、屋上の扉が開いた。

「ふふふふふふ……ねぇ、うまくやったようね、諒ちゃん」
「……どうなったの?」
「『遠距離で良ければ付き合って』って言われたわ。もちろん即OKよ」
「…………で、彼をどうするの?」
「ボロボロになるまで私に会いに来てもらうわ。それで、擦り切れそうになった時に優しく会いに行ってあげるの。そうしたらきっと……」

 チェックメイト。
 恍惚として言うのが恐ろしい。

「とにかく、貸し一つだからね」
「えぇ、諒ちゃんのことだから購買の焼きそばパン一つでいいんでしょう?」
「はぁ!?」
「いいんでしょう?」

 え、笑顔が怖い。
 僕は首が千切れるかと思うほど強く縦に首を振った。
 姉が嬉しそうにくるりと一回転する。スカートがふわりと広がり、そして元の形に戻った。

「今日はなんていい日なのかしら、ねぇ諒ちゃん」

 僕はため息交じりに笑う。
 結局は僕も、姉が笑顔ならいいのだ。

恋愛感情を届けるナルシストな幽霊――了
お題元:水性アポロ

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!