永遠少年症候群

MENU

about

サイトは趣味の創作サイトです。著作権は特に明記のない限り放棄していません。
リンクはご自由にどうぞ。
画像リンクの際はこちらのバナー又はロゴをご利用ください。

かいてるひと

ぶくま

Search

novel

ファンタジー、恋愛要素、ハッピーエンド多め。
たまに暴力やグロテスクな表現があります。
小説一覧

Series

他の形式で読む

ブクログのパブー……電子書籍形式。詩の投稿はこちらのみ。
小説家になろう……ガラケー、スマホ対応。pdf形式の縦書き対応。

未来は考える必要さえなく

 涼しい風に、ざわめく桜の花。
 どこかの縁側……あぁ、遼太郎の家だ。広い広い庭に、遼太郎の父親自慢の桜の木がある。

「ねぇ、ジュン」

 遼太郎が若いなぁ……。五年ほど前だろうか。

「僕達、ずっと友達だよね?」
「未来のことはわからないさ」
「何でそんなこと……」
「君はお父さんのように政治家になるんだろう?」
「……そのつもりだよ」
「そうしたら、君は遠くなる」

 遼太郎が俯いた。

「僕は、何があっても君の友達でいたいよ」

 何があっても、ね……。
 まぁ、そんなに僕のことを大切に思ってくれているというのは嬉しい。

「僕達は、今親友だ。明日喧嘩するかもしれない。けれど、今親友っていう事実があるじゃないか」
「それで十分、か……」
「少なくとも僕はね」

 あの時は親友だ。
 今だってそうだ。
 そう、殺されている今、この瞬間だって。