menu

永遠少年症候群

小説ページ

ファンタジー、恋愛要素、ハッピーエンド多め。たまに暴力やグロテスクな表現があります。
filterボタンで絞り込みができます。キーワードとシリーズは組み合わせることができません。

小説ページへ

お題ルール

自作発言とお題の再配布は禁止いたします。お題を使用していることを明記してくだい。
他のお題配布サイト様のお題と混ぜることはおやめください。
あいうえお作文からの抜き出しはご遠慮ください。

同意してお題ページへ

ブログ

年/カテゴリー/タグを組み合わせて絞り込みできます。

ブログ

未来は考える必要さえなく

 涼しい風に、ざわめく桜の花。
 どこかの縁側……あぁ、遼太郎の家だ。広い広い庭に、遼太郎の父親自慢の桜の木がある。

「ねぇ、ジュン」

 遼太郎が若いなぁ……。五年ほど前だろうか。

「僕達、ずっと友達だよね?」
「未来のことはわからないさ」
「何でそんなこと……」
「君はお父さんのように政治家になるんだろう?」
「……そのつもりだよ」
「そうしたら、君は遠くなる」

 遼太郎が俯いた。

「僕は、何があっても君の友達でいたいよ」

 何があっても、ね……。
 まぁ、そんなに僕のことを大切に思ってくれているというのは嬉しい。

「僕達は、今親友だ。明日喧嘩するかもしれない。けれど、今親友っていう事実があるじゃないか」
「それで十分、か……」
「少なくとも僕はね」

 あの時は親友だ。
 今だってそうだ。
 そう、殺されている今、この瞬間だって。

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!