永遠少年症候群

MENU

about

サイトは趣味の創作サイトです。著作権は特に明記のない限り放棄していません。
リンクはご自由にどうぞ。
画像リンクの際はこちらのバナー又はロゴをご利用ください。

かいてるひと

ぶくま

Search

novel

ファンタジー、恋愛要素、ハッピーエンド多め。
たまに暴力やグロテスクな表現があります。
小説一覧

Series

他の形式で読む

ブクログのパブー……電子書籍形式。詩の投稿はこちらのみ。
小説家になろう……ガラケー、スマホ対応。pdf形式の縦書き対応。

その予想は未来でもあり

「そういえばジュン、秋山家に行くんだって?」
「あぁ、書生の件か……。家庭教師としてあそこの娘達を面倒見なきゃいけないんだ」
「気が重いね、それは」
「勉強ができるならいいさ」
「秋山家は遠いよなぁ……。帰ってくるんだろう?」
「たまに、だけどね」
「ふーん……」

 カコンという鹿威しの音が訪れた沈黙を破った。
 これは秋山家に住み込む前だから一年前……、僕の家だ。

「リョータは、どうするの?」
「僕は……家庭教師が来る側さ」
「……そうだね」

 遼太郎の父親は政治家……金持ちだ。わかっていた答えにしては、身分というものは明確にはないはずなのに、差というものをひしひしと感じてしまう。

「ねぇ、ジュン……」
「?」
「帰って来た時は、僕と遊んでね?」
「もちろん」
「それにしても……秋山家は女の子ばかりだったよね……」
「そうなんだよ」
「そっかぁ……」

 遼太郎は目を伏せた。
 そして、呟く。

「死にたくなるほど、つまらなそうだね」
「ははは、何てこと言うんだい、リョータ」

 ご名答だよ。