menu

永遠少年症候群

小説ページ

ファンタジー、恋愛要素、ハッピーエンド多め。たまに暴力やグロテスクな表現があります。
filterボタンで絞り込みができます。キーワードとシリーズは組み合わせることができません。

小説ページへ

お題ルール

自作発言とお題の再配布は禁止いたします。お題を使用していることを明記してくだい。
他のお題配布サイト様のお題と混ぜることはおやめください。
あいうえお作文からの抜き出しはご遠慮ください。

同意してお題ページへ

ブログ

年/カテゴリー/タグを組み合わせて絞り込みできます。

ブログ

その予想は未来でもあり

「そういえばジュン、秋山家に行くんだって?」
「あぁ、書生の件か……。家庭教師としてあそこの娘達を面倒見なきゃいけないんだ」
「気が重いね、それは」
「勉強ができるならいいさ」
「秋山家は遠いよなぁ……。帰ってくるんだろう?」
「たまに、だけどね」
「ふーん……」

 カコンという鹿威しの音が訪れた沈黙を破った。
 これは秋山家に住み込む前だから一年前……、僕の家だ。

「リョータは、どうするの?」
「僕は……家庭教師が来る側さ」
「……そうだね」

 遼太郎の父親は政治家……金持ちだ。わかっていた答えにしては、身分というものは明確にはないはずなのに、差というものをひしひしと感じてしまう。

「ねぇ、ジュン……」
「?」
「帰って来た時は、僕と遊んでね?」
「もちろん」
「それにしても……秋山家は女の子ばかりだったよね……」
「そうなんだよ」
「そっかぁ……」

 遼太郎は目を伏せた。
 そして、呟く。

「死にたくなるほど、つまらなそうだね」
「ははは、何てこと言うんだい、リョータ」

 ご名答だよ。

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!