永遠少年症候群

MENU

about

当サイトは趣味の創作サイトです。著作権は特に明記のない限り放棄していません。
リンクはご自由にどうぞ。
画像リンクの際は下記のバナーをご利用ください。

かいてるひと

ぶくま

Search

title

いつもご利用ありがとうございます。
お題一覧

rule

お題使用の際のリンク・報告は任意です。あったら嬉しいです。もしも報告くださる場合は メール Twitterから。
語尾・一人称等、趣旨が変わらない程度の改変はOKです。
セットお題は1題から抜き出して構いません。あいうえお作文からの抜き出しはご遠慮ください。
自作発言とお題の再配布は禁止いたします。
他のお題配布サイト様のお題と混ぜることはおやめください。

FAQ

最近よくある質問です。基本的に自作発言とお題としての再配布をしないでいただけたら大体の場合は大丈夫です。

二次創作や年齢制限ありのものに使用OKですか?
どうぞ。
同人誌/コピー本での使用OKですか?
どうぞ。奥付などにお題使用の旨は明記してください。
その他の媒体での使用OKですか?
お題使用の明記ができるかどうか、を判断基準にしてください。

novel

ファンタジー、恋愛要素、ハッピーエンド多め。
たまに暴力やグロテスクな表現があります。
小説一覧

Series

  • あいうえお題
  • 血飛沫の国のアリス
  • bloody
  • 僕は勇者になりたかった
  • Celia in Realworld.
  • ココにあるもの
  • エトセトラ!
  • G@mE
  • ハッピーエンドはまだ遠い
  • LUCKY GIRL
  • ファンタジー設定で∞のお題
  • 教えられない教師の話
  • Secondary creation
  • 掌編
  • イメージソング
  • 大正哀歌
  • 世界観・人物紹介
  • 他の形式で読む

    ブクログのパブー……電子書籍形式。詩の投稿はこちらのみ。
    小説家になろう……ガラケー、スマホ対応。pdf形式の縦書き対応。

    それは救いの手にも似て

    「ジュン、淳之介!!」

     息を切らして僕のもとへ走って来る遼太郎。これは、三日前の記憶だ。

    「ごめん、リョータ。こんな所に呼び出して」

     あぁ、そうか。
     この日僕は、遼太郎を今はもう神主がいない小さな神社に呼び出した。
     人々に忘れ去られた小さな神社は、竹藪に囲まれており、僕達の恰好の遊び場だった。来るのは久しぶりだったはずだ。

    「ジュンがここに呼び出す時は何か秘密を教えてくれる時なんだ。知ってたかい?」
    「……知らなかった」

     確かにそうかもしれない。

    「でも僕は君が何を言おうとしているのかわかるよ」

     目が笑わないまま口許だけで笑う遼太郎に、思わず首を振る。

    「違う。それじゃないんだ」
    「?」
    「僕は結婚なんかしたくないんだ」

     僕の言葉に、遼太郎の作ったような笑顔が、一瞬崩れた。

    「え?僕は自由恋愛だと聞いていたんだけど──……違うのかい?」
    「立派な政略結婚さ。きっと両親は世間で自由恋愛が流行っているから、そういうことにして……。とにかく、佐藤舞子なんて、名前も聞いたことないんだ」
    「僕知ってる。いつも君のことを見ているきれいな子だよ」

     いつも僕を見ている?
     心当たりは、ない。

    「それでも僕は結婚する気なんて──……」
    「ねぇ、僕が助けてあげようか?」
    「本当かい!?」
    「あぁ」

     遼太郎は屈託なく笑った。その笑顔は、女顔なのも相まってとても美しかった。

    「僕が君を、殺してあげる。どうだい?全てからの解放だ」

     純度十割の殺意。
     まったく。君は、そればかりだ。

    「よろしく頼むよ、リョータ」

    2015/03/17公開