永遠少年症候群

MENU

about

サイトは趣味の創作サイトです。著作権は特に明記のない限り放棄していません。
リンクはご自由にどうぞ。
画像リンクの際はこちらのバナー又はロゴをご利用ください。

かいてるひと

ぶくま

Search

novel

ファンタジー、恋愛要素、ハッピーエンド多め。
たまに暴力やグロテスクな表現があります。
小説一覧

Series

他の形式で読む

ブクログのパブー……電子書籍形式。詩の投稿はこちらのみ。
小説家になろう……ガラケー、スマホ対応。pdf形式の縦書き対応。

それは救いの手にも似て

「ジュン、淳之介!!」

 息を切らして僕のもとへ走って来る遼太郎。これは、三日前の記憶だ。

「ごめん、リョータ。こんな所に呼び出して」

 あぁ、そうか。
 この日僕は、遼太郎を今はもう神主がいない小さな神社に呼び出した。
 人々に忘れ去られた小さな神社は、竹藪に囲まれており、僕達の恰好の遊び場だった。来るのは久しぶりだったはずだ。

「ジュンがここに呼び出す時は何か秘密を教えてくれる時なんだ。知ってたかい?」
「……知らなかった」

 確かにそうかもしれない。

「でも僕は君が何を言おうとしているのかわかるよ」

 目が笑わないまま口許だけで笑う遼太郎に、思わず首を振る。

「違う。それじゃないんだ」
「?」
「僕は結婚なんかしたくないんだ」

 僕の言葉に、遼太郎の作ったような笑顔が、一瞬崩れた。

「え?僕は自由恋愛だと聞いていたんだけど──……違うのかい?」
「立派な政略結婚さ。きっと両親は世間で自由恋愛が流行っているから、そういうことにして……。とにかく、佐藤舞子なんて、名前も聞いたことないんだ」
「僕知ってる。いつも君のことを見ているきれいな子だよ」

 いつも僕を見ている?
 心当たりは、ない。

「それでも僕は結婚する気なんて──……」
「ねぇ、僕が助けてあげようか?」
「本当かい!?」
「あぁ」

 遼太郎は屈託なく笑った。その笑顔は、女顔なのも相まってとても美しかった。

「僕が君を、殺してあげる。どうだい?全てからの解放だ」

 純度十割の殺意。
 まったく。君は、そればかりだ。

「よろしく頼むよ、リョータ」