永遠少年症候群

新着
[お題] 21/3/19 悪魔とワルツを
[小説] 20/12/15 純血種の吸血鬼
[ブログ] 21/1/25 放置してた……
管理人
じゅしん [ お問い合わせ / twitter]

© 2005-2021 じゅしん

お題について

ルール

自作発言とお題の再配布は禁止いたします。お題を使用していることを明記してくだい。

他のお題配布サイト様のお題と混ぜることはおやめください。

あいうえお作文からの抜き出しはご遠慮ください。

同意してお題ページへ

使い方

「filter」ボタンで絞り込みができます。お題数とキーワードは組みあわせることができます。

「お題をコピーする」ボタンをクリック(タップ)するとお題をコピーできます。

その他補足

お題使用の際のリンク・報告は任意です。あったら嬉しいです。もしも報告くださる場合はメールTwitterから。

語尾・一人称等、趣旨が変わらない程度の改変はOKです。

セットお題(あいうえお作文でないもの)は1題から抜き出して構いません。

小説について

ファンタジー、恋愛要素、ハッピーエンド多め。たまに暴力やグロテスクな表現があります。

filterボタンで絞り込みができます。キーワードとシリーズは組み合わせることができません。

小説ページへ

他の形式で読む

ブクログのパブー……電子書籍形式。詩の投稿はこちらのみ。
小説家になろう……ガラケー、スマホ対応。pdf形式の縦書き対応。

© 2005-2021 じゅしん

後悔はないの秘めた言葉で50のお題プログラマーの恋沖神選択式グリム童話憂鬱な一日の至福の一時陽気な幽霊と踊ろうはるうらら思いを込めてどうしてもと言うのなら、5題あまくていとしい庭付き一軒家尊きもの14の世界物語は紡がれる甘い恋心東西南北死にゆく光夢にまでみた私も好きだよ好きなんかじゃないあなたさえいなければ、7題もう少しだけここにいてこんにちは、さようなら理想のヤンデレを作り出せ!選択お題アリスのお茶会冬の季語さんずいの漢字カタカナ造語3笑うガーデン世界がキラキラ光る長文お題私の好きなもの泣き濡れる桜前線花と長文で虫食い戦争と平和可愛くてごめんねよくある設定六道揺れ動く長文白と黒のお題大罪的セリフ虫食いお酒が似合う大人の長文君との約束10題あなたと一緒にいたら笑えるのにこんなにも苦しい散歩の途中でいつだって君はずるい夢の中で夢中で走る夢の中終わりの始まる長文お題似ているもの人魚姫生きることが辛くても朝は変わらずやってくる彼岸花君と駆け抜ける午後ベタ惚れ男子15題主人が見てないところでいうセリフお題15歳にまつわる15題ありがとう有名7字春夏秋冬感情色の夢3にまつわる君と別れられたら自由なのに離れられるわけがないバラムガーデン箱庭にねむる孤独のかけらわくわく夏の季語

 面と向かってロボットと言われるのは初めてで、少しだけ戸惑ったのは確かだ。

 カレンと再会した日、僕は夜遅くまでカレンと語り合った。

 天文学の研究室は、謎に包まれていた。

 わらわが再び京へ戻ったのは一月してから。

斉藤和義/雨宿り

 退魔庁は進一郎の隠居と共に鬼人種福祉課と名前を変え、同時にわらわと恐は職を辞した。

 名前は魔力を持ち、人は名前に魔力を奪われる。

 あまりに地に足が着いていないような奴とは話したくない。

 細いネックレスがかかった首を、両手で圧迫する。

 エミィに食堂やシャワールームの場所を教えてもらって、周りの視線から逃げるように部屋に戻った。

 男――服部正明と名乗った男に街で買った服を手渡すと、彼はいそいそと風呂場――風呂場と言っても山の中の五右衛門風呂だ――に消えた。

「……ねぇ、わ、別れたいって、れんらく、きた」

 里に戻るつもりは毛頭なかったのだが、豊臣公の葬式についてきた肥後のはやて――十郎にせっつかれて散舞の里に戻ることとなった。

 僕はマーロンが亡くなった穴を埋めるように、ギルド内の一、二を争うものとして名を連ねるようになってきた。

大正哀歌 第一話

「…………」

 カレンのお腹が大きくなるにつれて、僕は恐怖を感じるようになった。

 見ちゃったんだ。

 時子は、新興宗教団体血の絆の教祖クロノスと名乗りテレビに引っ張りだこだ。

 時折、壊れそうになる。

年表

6位魚座のラッキーアイテム。

 我が主は泰平の世を築いた後も野心が衰えることなく、海を隔てた琉球に服属要求を行ったり朝鮮への派兵を行ったり、果ては天竺まで征服すると言い出した。

「本当に恋にでも落ちたか?」

 テレビで見た故郷は、知らず涙が出る程ひどい有様だった。

amazarashi/夏を待っていました

大正哀歌 第五話

 きっとこれが、終わりの始まり。

 私には絶対に人には言えない秘密がある。

 授業を受けていると、私は魔力についてほとんど何も知らなかったんだと改めて思う。

永遠少年症候群