永遠少年症候群

永遠少年症候群

帰って来た。

 無事帰ってきましたー。
 しかし生憎の雨で本当に飛行機のチケットの手配ミスした自分を殴りたかったです。
 高知市の同業者を視察にいきました。ここまで、午前中まではいい感じでした。ひどい雨だったけど道路の下を通っている駐車場や大きなアーケードを通って行った。
 そして…。松山城にのぼったのだから高知城にものぼろうと思い立ち(その時は小雨になっていた)、高知城へ向かいました。
 あ、写真…。左が松山城、右が高知城。
2013-11-22_13.59.402013-11-25_12.31.18
 私はお城というよりは、お城の石垣が妙に好きなんです。
 で、高知城の石垣のぼりやすそう(笑)って思いながらのぼってました。松山城は完全に要塞っぽかったけど、高知城は階段が整備(たぶん築城のときのまま?すごい苔むしてた)されてて木々も綺麗に植わってました。
 たぶん高知という地域が雨が多く、のぼろうと思っても石垣が苔に覆われているためうまくのぼれないんだと思います。一部の隙もなく積み上げられていた松山城と違って、ほんと足を掛けやすそうな隙間がいっぱいでした。
 まあとにかく城攻め気分で階段を上がっていたとき。もうそろそろ頂上、城の前につくというところで、経験したことのないくらいの突風に見舞われ、傘が一瞬で崩れ去りどこかへ飛んでいきました。石垣の壁があり、風が分散されずにどんっとぶつかってきた感じ。城山の上から傘が落ちて行ったため、どこへ行ったのかもわからず回収不能。その上、バケツをひっくり返したような豪雨。
 そのままUターンして街中に戻りました。一人だけすごいずぶ濡れで、たぶん異様だったと思う。
 たぶん山内一豊が怒ったんだと思う。のぼりやすそうとか思ったから…。

 あとはめぼしい観光もせず、ひたすら喫茶店で温かい飲み物を飲んで温まりました。そして、現在帰ってきたところです。
 明日も仕事だ…。