永遠少年症候群

永遠少年症候群

正三角形ABCの重心を求めよ

 好きな人…というか、気になる人もいないとてもフラットな状態。その状態はつまり、どこにでも傾く…たった1点の重心で支えられた広い面のようなものかもしれない。
 学生の頃は大好きな人大嫌いな人はっきりしていたけど、今はみんなとりあえず好きになろうっていう目標を立てている。友達からの誘いはできるだけ断らないようにしよう、とか。そう思うと、イエスマンって映画にけっこう影響受けたのかな。あれ見てからちょっと前向きに返事するように心がけてる。

 あ、この人私のこと嫌いじゃないな、っていう人が何人かいる。たぶんみんな「人」が好きな人。私じゃなくてもいい。
 私じゃなくてもいいなら、なんで私に構ってくれるのかなって思う。

 今のフラットな状態は、広い面に4点の重りが乗ってる状態。それは中心に一つ、残りが正三角形になるように並んでる。重心が変わらない。どこにも傾かない。気になってるという意味でね。
 小説にできそうな感じ。一つでいいのに。一人でいいのに。私だけを好きになってくれたらそれでいいのに。
 寒い時期は、寒いねって言って手を繋げる人がいてほしい。
 さみしいんだ、きっと。

 そろそろお正月更新考えとこうかな。