menu

永遠少年症候群

ブログ

年/カテゴリー/タグを組み合わせて絞り込みできます。

ブログ

お題ルール

自作発言とお題の再配布は禁止いたします。お題を使用していることを明記してくだい。
他のお題配布サイト様のお題と混ぜることはおやめください。
あいうえお作文からの抜き出しはご遠慮ください。

同意してお題ページへ

小説ページ

ファンタジー、恋愛要素、ハッピーエンド多め。たまに暴力やグロテスクな表現があります。
filterボタンで絞り込みができます。キーワードとシリーズは組み合わせることができません。

小説ページへ

目次


広告

もやもや

 こんなんでも小説書いてると、たまにどういうことが伝えたかったのかとか、どういう思いで書いたのかとか聞かれるけど、特にない。
 キャラクターの考えが私の考えだと思ってる人ってたまにいるけど、違う。
 そんなの、スプラッタ映画の監督に人を殺したいんですかって聞くようなもの。ばかげてる。
 確かにキャラクターたちは私の考えが及ぶ範囲内でしかものを考えられないけど、だからってそのまま私の考えがトレースされてるわけない。

 でも確かにこういう想いで書きましたっていう人はいる。
 ただ、私は違う。そもそも好き勝手好きな言葉を並べただけのケータイ小説だし。

 私の考えが知りたいなら、私の小説は読む必要無い。

 これだ。なんかずっともやもやしてたこと。

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!