永遠少年症候群

永遠少年症候群

何度読んでも

 何度も書いてるかもしれないけど、何度読んでも好きな話があるのって、とっても幸せなことだよね。何度読んでもにやけちゃうの。
 まるで疑似体験のような。告白されるよりもドキドキするような。
 私にはあんなの、書けない。
 書きたいけどね。
 まだだ、まだだ、って「私」っていう読者が言う。こんなものなのかって。
 なんかね、一番大きな数字はないんだって。1でも0.1でも無限に足せば無限より大きい数字なんだよ。
 それと一緒で、きっと浮かんだ話を書き留めることに終わりはないし、表現を追求していくことも終わらない。
 やっぱり、書き続けることがきっと大切。
 大好きなひとが選んだ文字を追いかけるたびに、そう思う。