永遠少年症候群

永遠少年症候群

どらごんくえすと

 ここ1週間一切小説も書かずにドラクエ11やってます。今から魔王と戦うとこ。

 主人公がおかっぱなので、当サイト唯一のおかっぱ(しかしその記述はない)、血飛沫の国のアリスの登場人物ツヴァイク少佐からとってツヴァイクくんです。
 今思ったけど、ツヴァイクって名字だわ……。

 FFも救いのないシーンとかあったりするけど、ドラクエってさ、なんか……可愛い見た目に反して心抉ってくることがあるから、FFよりヘコむことがあるんだよね。

 以下ネタバレ感想のため文字色を白にしてます。反転で読めるけど読む必要はない。主に号泣ポイントとかっこいいポイントの振り返り。

 カミュと一緒にイシの村に戻った時、もちろん真っ先にママに会いに行ったのね。そしたら過去で、じいちゃんと話して我に返ってみれば村ボロボロ。この演出、普通に村に戻ったら村が破壊されつくしてるよりもヘコんだ。あっ、よかった、ママ生きてるわーってほっとしただけに泣いた。
 その後度々滅ぼされたイシの村に戻っては、無言になるなかま達に話しかけてしまう。
 グレイグと二人で城から戻って誰もいなかったときは息止まった。完全フラッシュバックですわ。

 人魚と人間の悲恋とかね。もうね、あんなん号泣するしかないでしょ。

 ナナシのトレジャーハンター、なんでじいちゃんが青い石持ってたかの答えにもなってたし、第5章で名乗るのかっこよかったし、小ネタの中で一番好き。

 ロミアとキナイ・ユキの悲恋で、たぶんドラクエ11の中で一番泣いたシーンだなと思ってたらね、ベロニカ。
 ベロニカが死んだのマジで号泣した。ゲーム続けられないくらい泣いた。初めの方では「なんでカミュの方が先に仲間になるのにゲームタイトル前のローディング画面で勇者一行が並ぶときベロニカが二番目なんだろう」と思ってた。けど、そりゃそうよ。文句なしにベロニカが勇者の次よって感じになった。ベロニカの死後、あのローディング画面で毎度泣く。
 セーニャが一番辛いのに気丈に振る舞って葬式してたのも泣く。その後セーニャがめちゃくちゃ強くなったのにも泣く。

 心抉るシーンが多いけど、人魚の女王様が魔物が迫ってるなか「勇者とは!」っていうとことか、なんか、かっこいいシーンも多い。

 まぁ、ふとした瞬間泣けるのは「勇者、こんなに勇者業やってるけどまだ16歳なんだよなぁ」って思ったとき。そんなことで泣くなんて年取ったなぁって感じ。

 よし、ちょっくら魔王倒してくるか。