永遠少年症候群

永遠少年症候群

将来の夢

 最近毎日のようにつぶやいているのですが。

 バイト先の会長のお友達(おじいさん)がかなり頻繁に来るのですが、この人が仕事をするときは午前中にさっと終わらせ、会長や私たちの分までお茶を買ってバイト先に遊びに来て、自分はワンカップを開けるという。
 それで市内の周遊バスに乗って帰るんですが、真昼間から悠々自適にお酒飲む生活が羨ましすぎる。
 私の最終目標(独身バージョン)これだな、って思いました。

 今年の梅酒もそろそろ漬け始めます。