永遠少年症候群

永遠少年症候群

僕は勇者になりたかった

 完結~っていうか、いつものぶった切り完結。
 あとがきです。ネタバレして楽しめなくなるほどのすごいネタバレとかないけど、ネタバレすごくあります。

 これ、元々は著作権放棄短編集の一つでした。
 勝手にイメージソングを設定してるやつ。back numberの「こぼれ落ちて」で勇者目指してたけど強くなりすぎて殺人を機に魔王って呼ばれちゃう短編を書いてました。得た名声や守ろうとしたものがこぼれ落ちていく絶望の話でした。
 でもやっぱりハッピーエンドの方が好きだからどうにかハッピーな感じに、せめて絶望エンドを回避しようとしました。
 そしたらなんか長くなって、魔王の血の設定とか神話とかいろいろ細かくなっていって、最初のイメージソング付きのものから離れていきました。なのでいっそのこと少し長めにって話を分けました。

 私の書くものってこうなんだよな~。
 最初の予定からズレるし、ある程度満足したら適当にぶった切るし。
 どれくらいズレたかというと、カレンは短編ではディスが殺すことになってたくらいズレてる。けど、リアルな感じじゃないですかね。ディスのチキンっぷりからしたら。キャラメイクとか出会いから恋愛に発展とか書くのが面倒になっただけなんですけどね。
 書くの、楽しかった。