永遠少年症候群

MENU

about

当サイトは趣味の創作サイトです。著作権は特に明記のない限り放棄していません。
リンクはご自由にどうぞ。
画像リンクの際はこちらのバナー又はロゴをご利用ください。

かいてるひと

ぶくま

Search

novel

ファンタジー、恋愛要素、ハッピーエンド多め。
たまに暴力やグロテスクな表現があります。
小説一覧

Series

  • あいうえお題
  • 血飛沫の国のアリス
  • bloody
  • 僕は勇者になりたかった
  • Celia in Realworld.
  • ココにあるもの
  • エトセトラ!
  • G@mE
  • ハッピーエンドはまだ遠い
  • LUCKY GIRL
  • ファンタジー設定で∞のお題
  • 教えられない教師の話
  • 掌編
  • イメージソング
  • 大正哀歌
  • 世界観・人物紹介
  • 他の形式で読む

    ブクログのパブー……電子書籍形式。詩の投稿はこちらのみ。
    小説家になろう……ガラケー、スマホ対応。pdf形式の縦書き対応。

    怒り

     拍手してくださってありがとうございます。

     最近バルサミコビネガーにハマっているため、何もかも醤油+バルサミコ酢で対応していたら、時々基本に立ち返った方がおいしいものもありますね。時々クッソ不味いもの生み出します。
     ただし、ネギトロ巻なんかは塩が美味しいです。
     いや、愚痴書かないようにしようと思うと、食べ物くらいしか書くことない。

     映画館で「怒り」観てきました。
     公務員試験の勉強どうしたよって感じですが、「怒り」観てきました。
     事前に流れてきた情報は、「妻夫木聡と綾野剛がゲイカップルらしい」っていうものと、「宮崎あおいが叫ぶシーンに奥歯まで見える」っていう……。

    あらすじ

    夫婦惨殺事件の容疑者として指名手配中の28歳・男性が整形を重ねながら逃亡していることを知り、年恰好が近いことから大切な存在の素性に疑念を抱いてしまう人々を描く。

     胃もたれしそうな重い映画だった。
     俳優陣が豪華で、みんな演技派で、大変素晴らしかった。
     広瀬すずは顔も演技もそんなに好きじゃなかったけど、迫真の演技と後半の横顔がきれいで嫌いじゃなくなった。
     だけど、もう二度と観ない。強姦などというショッキングな内容あるって知ってたら観なかったかも。
     演技も映像も何もかも素晴らしいのに、こんなに救いのない話はもう観たくない。がつんと心抉られるという意味では、監督は成功してると思う。
     ただ、犯人はサイコパス??なのかな? 考え方がよくわからなかった。
     原作読んだらわかるのかな。