永遠少年症候群

永遠少年症候群

名もなきラブレター

 変わらずに書き続けられるのが幸せなんだなって、改めて思います。
 最近、ニンジャスレイヤーっていう物語の存在を知りました。それは、1度に140字しか書けないTwitterで長編小説を書いていくというわけわからない手法。
 一時期、私はケータイの未送信メールに物語を保存してたことがあります。
 パソコンに触る暇もないのなら……ってこと。嘘です。
 いい言い回しって一瞬だから、一瞬一瞬を大切にしてほしいですってこと。ずっと続けてれば、もしかしたら、戻りやすいんじゃないかなって。
 待ってます。
 私は高校生の時からずっと、あなたの物語に、あなたの言葉に、恋してる。
 私ったらなんて残酷なこと言うんだろう。でも、続けてほしい。

 なんて、見るかどうかもわからない日記に書くあたり、私はエゴイストな卑怯者だ。