永遠少年症候群

新着
[お題] 20/10/20 この二人、実は……
[小説] 20/10/15 里の末裔
[ブログ] 20/10/21 お題サイトつれづれ
管理人
じゅしん [ お問い合わせ / twitter]

© 2005-2020 じゅしん

お題について

ルール

自作発言とお題の再配布は禁止いたします。お題を使用していることを明記してくだい。

他のお題配布サイト様のお題と混ぜることはおやめください。

あいうえお作文からの抜き出しはご遠慮ください。

同意してお題ページへ

使い方

「filter」ボタンで絞り込みができます。お題数とキーワードは組みあわせることができます。

「お題をコピーする」ボタンをクリック(タップ)するとお題をコピーできます。

その他補足

お題使用の際のリンク・報告は任意です。あったら嬉しいです。もしも報告くださる場合はメールTwitterから。

語尾・一人称等、趣旨が変わらない程度の改変はOKです。

セットお題(あいうえお作文でないもの)は1題から抜き出して構いません。

小説について

ファンタジー、恋愛要素、ハッピーエンド多め。たまに暴力やグロテスクな表現があります。

filterボタンで絞り込みができます。キーワードとシリーズは組み合わせることができません。

小説ページへ

他の形式で読む

ブクログのパブー……電子書籍形式。詩の投稿はこちらのみ。
小説家になろう……ガラケー、スマホ対応。pdf形式の縦書き対応。

© 2005-2020 じゅしん

閃光の名を呼べ15歳にまつわる15題ロックンロールにあいされる憂鬱な一日の至福の一時バラムガーデンラスト一行長文お題憂鬱な日めぐりめぐって君へとたどりつく過ぎ去る冬の3題飽きたなら捨ててよ巻き込まれ体質さん10のセリフ明日を夢見る秋に潜む長文グリム童話もしも君が僕のものなら事実は小説より奇なりいつだって君はずるい有名7字感情色の夢嘘つきのためのレクイエム甘い恋心いろはにほへと長文時代の変遷秋の季語これは僕の初恋の記憶冬が来る長文お題君の為だけに祈るよ庭付き一軒家失恋長文死にゆく闇秋待人人魚姫箱庭にねむる孤独のかけら海辺の町カタカナまじり明日の私によろしくお好きな○○でまた変な造語作って・・・憎悪を込めて白と黒のお題低身長からの告白就職を後悔した僕の1年偽りの貞淑乙女建前と本音 選択式 その2だいすきなんだ、君がささやかな祈り5題恋、始めました長文私の好きなもの恋愛体質カタカナ造語2六道島旅10題生きることが辛くても朝は変わらずやってくる和風ファンタジーっぽい造語桜前線大罪的セリフ高身長からの恋文彼岸花わたしを、憶えていたいもの死にゆく光ベタ惚れ男子15題行きずりの罪えいがさい花と長文で虫食いカップルの居場所侵略者今宵踊るは悪しき獣まっかなうそガーデン

 定本が眼鏡をかけ始めた。

 クライヴの言う通り、ヴォルターと恋人同士になっても特に変わりはない。

 僕のおじいちゃんは、セントラル大聖堂のあたりで暴れて逮捕されたらしい。

amazarashi/夏を待っていました

 池田屋事件で負った傷はその場で癒えたが、どうにも体の中が重いような気がしてサクラの檻の中で世話になっていた。

 王様からの報奨は今までこなした依頼の報酬額すべてを足しても足りないくらいの額で、僕は城下町で最高の腕を持つアクセサリー職人に婚約指輪の作成を依頼し、拠点にしている町へと帰った。

 詠唱破棄を習ってからというもの、私とエミィは寮の部屋をカスタマイズしようと図書室で調べものをたくさんしていた。

「パパ。わたし、携帯電話がほしかっただけなの」

 カレンと再会した日、僕は夜遅くまでカレンと語り合った。

 月曜日、教室に入るとセフェリノ・ベルスは普通に座っていた。

 カレンのお腹が大きくなるにつれて、僕は恐怖を感じるようになった。

 サクラがだらだらと歩くので、ビルマからイタリアというところへたどり着くまで、三年近くかかった。

 死。

「渉汰が超能力者で、篠崎くんがロボット、足立さんが楽譜を食べちゃう超能力者で……。あ、そうだ、先輩は霊感があるんだ……」

 時子は、新興宗教団体血の絆の教祖クロノスと名乗りテレビに引っ張りだこだ。

 分家の分家から、娘の貰い手がないのでと見合いを持ちかけられたのが、きっかけといえばきっかけだったのだと思う。

 その日、新聞をもらいにいくと宿の主人の視線が冷たく感じた。

 あまりに地に足が着いていないような奴とは話したくない。

「ってわけで、私達は、悪くないと思うの」

 君をスカウトしたい。

「……久しぶりね、アリス」

 異様に寒くてがばっと起き上がると、あたりは真っ暗だった。

「……ねぇ、わ、別れたいって、れんらく、きた」

 ボスホロヴァ先生は、静かに眼鏡を押し上げた。

 わらわが帰ってすぐ、朝彦は進一郎の紹介で見合いをした。

 時子が朝日に照らされた壁に看板をかけて、晴れて時子の探偵社は開業した。

人物紹介(全部読んだ人向け)

 授業を受けていると、私は魔力についてほとんど何も知らなかったんだと改めて思う。

 うとうとしていて、明るい色の地毛が視界の端に揺れる。

 俺の世界に、女という生き物はセリアとその他しかいない。

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!